フェイスライン(二重あご) たるみ

肌のたるみ症状Bフェイスライン(二重あご)のたるみ

太ったわけでもないのに顔の輪郭が四角くなったような気がする、二重あごに見える・・・これはたるみが原因。

 

頬から顎にかけては顔の中で最も脂肪が厚い部分です。
その脂肪を皮膚が支えられなくなると下に下がって二重あごになってしまうのです。

 

これは表情筋の衰えやリンパの流れが滞ることも原因のひとつです。
体の老廃物が排出されないとむくみとなってたるみ症状を進行させることに。

 

顔のたるみの出方は顔の骨格によっても変わってきます。
丸顔の人はほうれい線ができやすい、エラが張っている人はできにくいなどの傾向があります。

 

二重あごにはエイジングケア美容液などでお手入れするほか、表情筋のトレーニングも効果があります。

 

表情筋を活発に動くの笑っているときです。
毎日よく笑い、口角を上げることで表情筋を鍛えることができます。

 

また顔全体の筋肉を鍛えるフェイスエクササイズも効果的です。
顔のすべてのパーツを中央に集めるつもりでギュッと縮め数秒キープします。
次に顔を上下に引っ張るつもりで口をあけそのまま数秒キープ。

 

こうして顔を伸ばしたり縮めたりするトレーニングで顔の筋肉を動かしましょう。
筋肉を鍛えるだけでなく、血流を良くして代謝を高める効果もあります。

 

フェイスエクササイズをするときは肌の乾燥に注意しましょう。
肌が乾燥した状態ですると小じわを招く原因になります。

 

乳液やクリームなどでしっかり保湿して肌が潤った状態で行うようにします。

 

また暴飲暴食や不規則な生活は美肌の大敵。
しっかり睡眠をとって体と心を癒すようにしましょう。

 

関連ページ

毛穴のたるみ
肌のたるみの原因と症状を説明します!
ほうれい線
ほうれい線の原因と症状について説明します!
頬のたるみ(ブルドッグフェイス)
頬のたるみの原因と症状を説明します!
目の下(涙袋)のたるみ
目の下のたるみの原因と症状を説明します!