紫外線対策 基礎知識

紫外線対策の基礎知識

肌のたるみやしわ、シミなどの原因の80%以上が紫外線の影響と言われています。

 

逆にいえば日頃からしっかり紫外線対策をしていれば、5年後、10年後も美肌をキープできる確率はグンと上がるわけです。

 

では日常生活においてどのような紫外線対策をしておけばよいのでしょうか。

 

ここでは光老化を進行させないために正しい紫外線対策について考えてみたいと思います。

 

本当に注意すべきは紫外線A波

真皮まで到達し、肌のハリや弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンを破壊する紫外線A波。

 

日常生活で浴びることの多い紫外線A波こそ肌のたるみやしわ、しみなどを引き起こす原因になります。

 

この紫外線を気づかないうちに浴び続けることでダメージが蓄積されていきます。

 

まず日常生活の中で浴びているこの紫外線A波をしっかりブロックすることが重要です。

 

洗濯物を干す、ゴミ出し、庭での水やりなど短時間だからといってなんのケアもせずにすっぴんのまま太陽にさらされてることはありませんか?

 

忙しい朝はどうしても自分のことが後回しになりがちです。
そして知らず知らずのうちに紫外線を浴びてしまっていることがとても多いのです。

 

朝、洗顔したら必ず日焼け止めをつけることを習慣にしましょう。
紫外線A波は窓ガラスも通すので部屋の中にいてもUVケアを忘れずに。

 

外出時は紫外線対策を徹底する

外出するときは日焼け止めだけでなく、日傘や帽子、ストールなど日差しを遮るアイテムを使うようにしましょう。
UVカット加工のものを選べばさらに効果的です。

 

紫外線は10時〜14時ころがピークです。
この時間に外出するときは日陰を歩くようにしましょう。
日陰の紫外線量は日向の約半分といわれてます。

 

また曇っている日でも紫外線はしっかり降り注いでいるので紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

そして日焼け止めはこまめに塗り直すことも重要です。

 

日差しを浴びた日の夜はしっかりケア

外で過ごすことが多かった日の夜は、帰宅したらなるべく早くメイクを落として美白アイテムでスキンケアをしましょう。
美白化粧水などでローションパックもいいですね。

 

睡眠は日中の肌をリカバリーする大切な時間です。
リラックスタイムをとって良質な睡眠に入れるようにしましょう。

関連ページ

紫外線てなに?紫外線の種類
肌の老化の原因になる紫外線について詳しく説明します!!
日焼け止めのSPFとPAって?
日焼け止めに記載されているSPF値とPA値について説明します。
日焼け止めの選び方は?
日焼け止めはどうやって選ぶ?日焼け止めの選び方について説明します。